さらば逗子フェス!水着で楽しめるフェス終了のはてな

Pocket

【2016年の逗子フェスは中止!】

(https://www.mtvjapan.com/zushifes2011/tag/news/8より)

主催者のMTVからそんな発表があった。

逗子フェスと言えば、2007年からスタート。

毎年8月のお盆前に、神奈川県逗子市のリビエラ逗子マリーナにて開かれていた夏フェスだ。

2016-06-25 16.02.03

このへん。

きゃりーぱみゅぱみゅ、西野カナ、三代目 J Soul Brothers、ORANGE RANGE、ナオト・インティライミ、清水翔太、加藤ミリヤなどのそうそうたる顔ぶれが出演していた。

【過去の逗子フェス出演者】

IMG_1313 copy

セット券でプールにも入れ、「水着で楽しめるフェス」としてファンも多かった。

以前台風によって中止になった事はあったが、主催者の発表を見ると、

「今後のフェスはやりません」といった趣旨の文言だ。

はてな?

あんなに人気のあったフェスがなぜ今年以降中止になったのか?

理由は2つ考えられる。

1つ目は、逗子市の海水浴場条例だ

逗子マリーナの隣にある(と言ってもすぐには移動できない立地だが)逗子海岸沿では、海水浴シーズンのビーチでの音楽・飲酒禁止条例を出し、夏の集客が6分の1に落ちたが、同じ逗子市で同じ期間に音楽と飲酒を禁止しているのに、すぐお隣でドンチャカやるわけにはいかなくなった…というのが一説。
2つ目は、イベント自体の集客力低下だ

筆者は逗子フェス会場の近くに住んでいるため、毎年どんなものかを見てきた。

出演者の顔ぶれが年々寂しくなっていたのだ。

そして初期の頃はバンドセットも入り、迫力のステージだったが、おそらく周辺住民の苦情と予算の関係で、近年カラオケだけになってしまっていた。

そろそろやばいよーなんて毎年思っていたのが、ついにやってきたというわけだ。

その他、近隣住民との兼ね合いもありそう。

そもそも逗子マリーナとは1970年代に、小坪漁港という静かな漁村を埋め立てて作ったリゾートマンションとヨットハーバー。

その猛反対して造られた逗子マリーナの時代を知っている人が今も周辺の小坪に住んでおり、その時代のこと全く知らない人がリゾートマンションに住んでいるため、騒音への理解がもはや得られないのかもしれない。

初年度のステージは海を背にしていたが、翌年からは海にスピーカーを向けるレイアウトに変更されている。

郷ひろみも来てたりして、オトナにもそこそこウケが良かったはずだったのに。

公式フェイスブック上では

「さらに進化したイベントを目指して今年は中止」なんてことが書かれていたが、リゾート型のイベントとしてはいい形のイベントだったなと思うので、しばらくこういったフェスの復活はなさそうだ。

残念!

これからの逗子の夏はなんか寂しいな。

IMG_5821 copy

2015年、最後のフェスが終わった直後の静まり返った逗子フェス会場の写真を最後にみなさまに。

またいつか復活を願って…。


今の会社の人間関係・転職に悩んでいますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。