IQ246.織田裕二のしゃべり方は変ではない!

Pocket

img_9212-8

先日からスタートしたTBSドラマ「IQ246〜華麗なる事件簿」

初回視聴率は13.1%とまずまずの数字を出し、滑り出しは順調。

久々の織田裕二主演ドラマとあって、皆少なからず興味はあったようだ。

2016-11-03-3-24-19

で!ネットで話題になっているのが、「織田裕二のしゃべり方」

賛否両論というより、否定派が多い。

なんで?

批判的な意見としては

「古畑任三郎みたい」とか

「相棒の杉下右京のパクリ」

だって言われてる。
みんな最近のと比較し過ぎじゃない?

だってシャーロックホームズだってポアロだってそうでしょ?

貫け!織田裕二!

視聴者の意見に合わせてしゃべり方をチューニングなんてやめてほしい。

もちろんマイナーチェンジはすべきと思うが、根本的なあのしゃべりは是非最後まで曲げずにいてほしい。

まあ、織田裕二って若く見えるから、あのしゃべりに違和感を感じるってのは分かる気がする。

だから、もし古畑任三郎が20歳若かったらどんなしゃべりになるだろうくらいのチューニングをしてくれればファンとしてはなお面白くなるだろう。

いやいや、痛快で良かったよ。

とはいえ、毎回視聴率は3%ずつくらい下がってしまっているとのこと(::)

トリックがもう少し複雑で訳わからなくても良いと思うんだけどな。

自分もあれだけの知能があれば、会社の連中を論破しまくってやるのにな。

会社が嫌な人!ここ読んでみて!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です